« パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト(BlogPet) | トップページ | ROAD その10 »

2006年8月12日 (土)

餘部鉄橋

餘部鉄橋を観に行ってきました。理由は掛け替えが予定されており、もうすぐ観られなくなってしまうからです。

出発は10日(木)の20:30。餘部鉄橋は兵庫県の日本海側にありますので、東名高速か中央道でとりあえず、名神高速まで行かなければなりません。どちらにしようか迷ったのですが、厚木からと八王子からを比べた場合、20数キロしか変わらない為、家から近い中央道で行くことに。もう一つの理由としては、東名高速より道が空いていると思ったので。
中央道は予想通り混んではいなかったのですが、アップダウンが激しい。あとカーブを多いですので、夜の運転では気をつかいました。
最初の休憩は、中央道最後の休憩所である内津峠PA。その後、名神高速に入ると急に車の台数が増えました。東名高速から来た車と合流になりますからね。
2回目の休憩は中国道の西宮名塩SAにて。この時に給油もしました。思ったほど安くなかったです(地元と4円しか違いませんでした)。
中国道を福崎ICで降り、そのまま播但道へ。播但道は対面通行なのですが、ほとんど車が走ってません。和田山ICへ着くまでにすれ違った車は10台程度。同じ方向の車には1台も見ませんでした。(追いつきも追いつかれもしませんでした)
さて、和田山ICよりは国道を乗り継いで餘部まで。真夜中で交通量もほとんど無いので、播但道(最高70km/h)と変わりません。たまに走っている地元の車がえらいスピードで走ってました。(;^_^A アセアセ…

さて、目的地である餘部鉄橋に到着。時刻は4:50。鉄橋の下にある駐車場に車を停め、ちょっと餘部駅まで行ってみることに。餘部駅は住宅地からみると山の中腹にあり、そこまでは5分程度の登り。さすがに時間が早すぎて誰もいません。駅から見える風景を眺めながら、今日の計画を検討。
その結果、
 ・一番列車で、汽車が鉄橋を渡る写真を撮る
 ・次の列車で、餘部鉄橋を渡り、香住駅まで行く
 ・香住駅で戻りの汽車を待ち、餘部駅に戻る
となりました。そんなわけで、まだ時間がある為、車に戻り仮眠。昨晩に家を出てから初めて横になりました。ふぅ。

さて、餘部鉄橋ですが、明治45年に開通した鉄橋で、長さ309.42m、高さ41.45mあります。実際近くでみると、かなり迫力があります。特に真下から眺めると、よくぞ作ったものだと感心させられます。
一番列車を写真に収めたので、次の列車に乗ればいいのですが、次が来るのは1時間後。車に戻って休むことも考えたのですが、車に戻るとまた駅まで登ってこなくてはなりません。そこで、駅の花壇に腰をかけて休憩(ロダンの考える人のような恰好)。他の観光客からは奇異に映ったことでしょう。
やっと汽車が来たので、いざ乗車。とりあえず、海側の座席へいき、窓を開け撮影の準備に。写真を撮りつつも外の景色を眺めました。鉄橋からの眺めは爽快でした。香住駅からの戻りでもまったく同じ行動。地元の人以外の乗客はみんな同じ行動でした。

Imgp1778_1

 

 

 

 

 

 

餘部を後して向かうは城崎温泉。餘部よりは海岸沿いを進み、約1時間ほどで到着。温泉街の真ん中に流れる川の両岸に柳があり、温泉街の雰囲気が出ています。城崎温泉にはいくつかの外湯があり、その一つである鴻の湯へ。さすがに午前中から温泉に入る人はあまりおらず、とても空いてました。
今回は移動の途中で寄りましたが、今度は泊まりで行きたいと思いました。

城崎温泉の次は丹後半島をまわって天橋立へ。途中にある経ヶ岬と伊根町も名所なので立ち寄ることに。
経ヶ岬まではR178で海岸沿いを走ります。適度なワインディングになっており、車好きにはお奨めです。

Imgp1829

 

 

 

 

 

 

経ヶ岬は丹後半島の北端にあり、灯台もあります。灯台までは駐車場より400mなのですが、半分以上は登りです。けっこうしんどいですが、真っ白に塗られた灯台はとても綺麗なので、行く価値はあると思います。
さて、家を出て以来、飲み物以外は口にしていなかったので、おなかが減ってきてます。お昼は天橋立であさり丼と決めていたので、ここではソフトクリームを食すことに。バニラ、抹茶、黒豆とあり、黒豆を選択。感想は・・・う~ん、黒豆の感じがわかりませんでした。いや、美味しいんですけど、気温が暑くて、溶ける前に食べるのに忙しくて。f(^ー^;

Imgp1840

 

 

 

 

 

 

経ヶ岬よりはR178で伊根町、天橋立へ行く予定だったのですが、R178が道路決壊の為、通行止め。(>_<)
しかたないので、別の道を行くことに。経ヶ岬に来る途中に丹後縦断林道の標識があったことを思い出す。縦断というぐらいだから、伊根町方面へ抜けるだろうと思い、丹後縦断林道へ。林道とはいいますが、道幅も広く走りやすい。所々、荒れている所もありますが、なかなか良い道です。
丹後縦断林道で碇高原まで行き、林道を離れて碇峠へ。ここから伊根町方面へ降ります。
R178は通れませんでしたが、結果としては気持ちよく走れ、景色も良かったので満足でした。

伊根町は舟屋(1階は船のガレージ、2階は居間という造りで、海辺ぎりぎりに建っている)で有名です。ほんとうは遊覧船で海側から見ると良いのでしょうけど、諸事情により今回は車で通りながら観ることに。う~ん、やっぱり海から観る方が良かったかも。

伊根町から天橋立まではすぐです。天橋立はさすがに日本三景の一つだけあり観光客で一杯です。今日まわってきた所はどこも混んではいなかった(というより、城崎温泉をのぞけば、1ヵ所あたり10人にも満たない感じ)のですが、ここはすごい混みようです。駐車場も当然のごとくお金を取りますし。
天橋立ですが、う~ん、高い所から観た方が良いでしょう。やっぱり全景を観ないとよくわかりません。あと、天橋立は海水浴場でもあるので、景色を楽しむ感じではないです。海水浴のオフシーズンに行った方がいいようです。
ここでやっとお昼(すでに午後2時半)。予定通り、あさり丼を食す。昨晩の夕飯以来、20時間ぶりの食事だったので、一気にたいらげました。

Imgp1876

 

 

 

 

 

 

天橋立を出て、帰路へ。帰路は舞鶴、小浜を経由して、琵琶湖畔の今津へ出る、そこからは琵琶湖沿いに木之本へ出て北陸道に。
途中は舞鶴、小浜市内で多少混みましたが、概ね順調に木之本まで行けました。
北陸道にのると、名神高速の渋滞情報が。どうやら大垣IC-一宮JCTまで渋滞している模様。しかし、迂回ルートを知らないので、そのまま行くことに。ガソリンはまだ余裕があり、中央道に入ってから給油してもよかったのですが、渋滞を抜けるのにどのくらいかかるかわからないので、トイレ休憩もかねて養老SAに寄ることに。

Imgp1889edit 

 

 

 

 

 

養老SAを出てしばらく走ると渋滞になりました。ただ、まったく止まってしまうことはあまり無く、遅いながらも動いているので良かったです。
渋滞を抜けた後は快調に進み、小牧JCTより中央道へ入り、23時前に家に着きました。

 総走行距離:1416.9km
 総走行時間:20時間16分
 給油量   :118.83リットル
 燃費    :11.92km

燃費はとても良かったです。給油毎の燃費をみると、養老SAから家までが一番で、13.09km出てました。過去最高です。

今回は1日で行ってきたわけですが、往復で1,400kmもの距離を一人で行くもんじゃないと思いました。一人で行くのなら、泊まりにすべきです。疲れました。
でも、今回行った所はどこもお奨めできます。特に餘部鉄橋は架け替えられてしまうので、早くしないと今の姿を見ることができなくなってしまいます。

Imgp1773 写真はこちら↓

http://chevalier-de-rose.cocolog-nifty.com/photos/amarube/

|

« パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト(BlogPet) | トップページ | ROAD その10 »

コメント

こんにちは。ほえ~さん。いつも遠くまで行かれているようで、行動力には驚かされるとともに羨ましく思います。アコードもピカピカ
で。それと写真もいつもきれいですよね。カメラは何をお使いでしょうか?これからも見させていただきますので、よろしくお願いします。

投稿: kecchin | 2006年8月14日 (月) 23時00分

kecchinさん。ご覧いただきありがとうございます。さすがに今回は疲れました。日帰りで行く距離じゃなかったですね。でも、今回は天気にも恵まれ、行って良かったです。景色はどこもほんとうに綺麗でした。
写真もお褒めいただき、ありがとうございます。ボツ写真も多いんですけどね。f(^ー^;
カメラはPENTAXのOptioS4を使っています。もう2年半ぐらい使っています。以前はオリンパスを使っていたのですが、ポケットに入るスリムなカメラが欲しかったので、購入しました。
欲を言えば、手ぶれ補正機能が欲しいですね。そうすれば走りながら撮ってもぶれないでしょうから。

投稿: ほえ~ | 2006年8月15日 (火) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60391/3033227

この記事へのトラックバック一覧です: 餘部鉄橋:

» 車の燃費を良くするために [健康的な生活へ広い大地へ]
我々の生活においてもガソリン代の高騰は 家計へ直結し、 日々の暮らしに影響を 及ぼしてきているのではないでしょうか? 「もう少し、ガソリン代が安くならないだろうか・・・?」 そんな皆様の切実なる思いを少しでも実現できるよう当ブログでは、ガソリン代の節約のお手伝いができればと思い、燃費向上の観点からガソリン代節約の情報サイトとして作成いたしました。多少でも皆様のお役に立てれば幸いで�... [続きを読む]

受信: 2006年9月 3日 (日) 14時48分

« パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト(BlogPet) | トップページ | ROAD その10 »