« きょうは(BlogPet) | トップページ | Bento Box »

2006年11月 5日 (日)

ROAD その18

今日は地元にある二つの峠越えをしてきました。なぜ、峠越えのコースを選んだかといいますと、月曜日にブレーキレバーに付けたスペーサーの使用感を確かめたかったので、下りが楽しめるコース設定にしました。

しかし、下りが楽しめるということはその前に登りがあるわけで・・・。行きました峠は梅ヶ谷峠と二ツ塚峠です。どちらも日の出町と青梅市を結ぶ峠です。今回は梅ヶ谷峠 → 二ツ塚峠の順で越えました。

梅ヶ谷峠への登りは最後がきついですが、何とか制覇。以前、MTBで挑んで断念したことがあったのですが、今回は問題なくクリア。自転車がROADに変わったというのが一番の理由でしょうが、多少は脚力もついたようです。
さて、梅ヶ谷峠からの下りは快適で、スピードもどんどん出ます。以前であればドロップハンドルの下を持つと、ブレーキレバーがしっかり握れなかったので怖かったと思うのですが、今回はスペーサーを付けたおかげで、ブレーキレバーをしっかり握ることが出来ます。スペーサーを付けて大正解でした。\(^O^)/
ブレーキレバーが遠くてお困りの方は、スペーサーを付けてみることをお奨めします。仮に合わなくても、\1,000もしませんから諦められる額かと思いますし。

梅ヶ谷峠を下って吉野街道にでた後は、しばらく奥多摩方面へ進み軍畑大橋へ。軍畑大橋を渡り吉野街道から青梅街道へ入ります。青梅街道を青梅方面へしばらく走ると、線路の向こう側に立派なお寺がありました。海禅寺というお寺で山門が都指定の文化財のようでした。海禅寺を少し見学した後、ふたたび青梅方面へ走ります。
万年橋を渡って吉野街道に戻り、今度は二ツ塚峠へ。二ツ塚峠は日の出側から途中までは何度も行ったことがあるのですが、青梅側からは初挑戦です。青梅側からのアプローチは最初は緩い勾配なのですが、距離が長いです。スプロケットの交換を本格的に検討しようかと思いました。それでも無事に頂上に到達し、下りを楽しむことが出来ました。

平均時速:21.1km 最高時速:57.6km

今日の走行距離:30.1km 総走行距離:870.0km

Imgp2219 写真はこちら↓
http://chevalier-de-rose.cocolog-nifty.com/photos/roadvol18/

 

 

 

にほんブログ村 自転車ブログへ

|

« きょうは(BlogPet) | トップページ | Bento Box »

コメント

なぜ苦しいのにそんな坂を自転車で・・・っていうようなことを自転車を始めたころには思っていました。でも、今は平坦な道だけでは物足りなくなっています。苦しい坂を上りきったあの達成感。そして、その後の下りの爽快感。峠越えお疲れ様でした。私も日曜日に一気に340メートル登ってきました。きつかったけどやっぱり最高でした。

投稿: ハマ | 2006年11月 6日 (月) 22時24分

ハマさん、こんばんは。
ほんとにそうですね。何故坂をって感じですよね。坂を登っている最中にも、「何故に?」って考えちゃったりするんですけどね。(笑)
ハマさんもお疲れさまでした。340mとは、けっこう登りましたね。ギアは大丈夫ですか?私はスプロケットの交換を考えてます。ホイールと併せて行おうと思っているので、当分先の話ですけどね。(お金が・・・)

投稿: ほえ~ | 2006年11月 6日 (月) 22時52分

こんばんは。はじめまして!昨日はご訪問ありがとうございました。
ほえ〜さんのブログは見覚えがありました。きっと以前ガリレオ購入前にいろいろと検索してたどり着いたのだと思います。
同じ赤ですね!!今後もよろしくお願いします。
しかもレースされているのですね!?僕とは全然次元が違います(笑)。

投稿: charlatan | 2006年11月 7日 (火) 00時24分

自転車で坂を上がる、という行為は一種独特の線引きになりますよね~。
趣味として自転車を捉える前は、自転車で坂を上がるということは、
出来うる限り避けるもの、好んで行う必要性0という認識しかありませんでした。
それが当たり前で30数年生きてきて、ここ半年でその価値観がガラリ。
まさか自分が休日に自転車で峠をえっちら上ることを楽しみにする事になるとはとは予想だにしませんでした。
友だちもみんな、「なにがあったんだ?w」という目で生暖かく見守ってくれてます。
そんなこんなで、今年の春にクロスバイク(スペシャのシラス)を買ってから半年、
ガリちゃんが増えたりとか自分なり事件wもあったのですが、
シラスちゃんの走行距離がついに3000を超えました。
たいした事ないのかもしれませんが、自分的には大事件です。
ガリちゃんの走行距離と足すと半年で3400キロ走ったんですねえ。
自分の今までの運動嫌い、めんどくさがりの半生がウソのようです。
 
と、自分のブログもってないから、こんな日記のようなことを人様のブログにたらたら書いてしまいました、ゴメンなさい。
とにかく、何が言いたいかというと、
自転車、サイコー! …ですw

投稿: マント | 2006年11月 7日 (火) 03時32分

charlatanさん。
こちらこそ、よろしくお願いします。
私の場合、レースといっても「参加することに意義がある」といった感じで、勝負には参加していませんので、大層なものじゃないですよ。
レースといっても、気軽にのんびり参加できるもの(東京エンデューロとか)もあるようですので、いずれは参加してみたらいかがでしょう。

マントさん。
確かにそうですね。私はヒルクライムを行う人の気持ちは分からないととずっと思ってましたが(いや、今もあまり分からないですが・・・)、なんとなく峠越えをしてしまうんですよね。
今日はここまで来ることができたから、次はあそこまで行こうとか。そんな感じで坂を登っている気がします。
この半年で3400キロですか。走ってますねぇ。私はその半分も走ってません。がんばらねば。

日記みたいでもかまいませんので、どうぞ書き込んでください。もともとは人に見せる意識はなく(今もそれほどあるわけではないですが)、サイクリングで撮影した写真や、走行記録を手軽に保存できればと思い、ブログを始めました。
でも、書き込みがあるとやっぱうれしいものですので。

投稿: ほえ~ | 2006年11月 7日 (火) 12時26分

こんばんは。
スペーサー調子良さそうですね。買った直後のガリレオ、ハンドル下部を持ったらブレーキレバーが握れなくてびっくりしたのを思いだしました。

実は私も11/5の日曜日、五日市方面へ走りに行っておりました。とくに赤い自転車には気をつけていましたが、お会いできませんでした。残念。多摩川CRを永田橋まで行って、福生駅と反対方向へ永田橋を渡ってそのまま道なりに、西平井の交差点あたりで引き返してきました。五日市方面の峠まで自走できるか下見のつもりだったのですが、ここまでで60キロ強。帰り道を考えると峠を登る気力が残っていませんでした。やはり輪行しないと峠は無理のようです。山の上のほうはそろそろ凍結の心配をする季節でしょうか?

投稿: ニョホホ | 2006年11月 8日 (水) 00時23分

ニョホホさん、こんばんは。
ニョホホさんのそのコース。ニアミスしていた可能性大です。永田橋を渡って、西平井まで。まさに私の地元です。私は圏央道日の出ICから少し西平井方面へ行った辺りに住んでいます。
11/5の日曜日は西平井を通って、峠に走りに行ってました。お会いできなくて残念です。
でも、西平井までで60キロを走ったとなると、確かに峠は微妙かもしれませんね。
輪行ということは電車でしょうか?もし車でしたら、檜原でしたら佛沢の滝の駐車場が、奥多摩でしたら奥多摩湖の駐車場が無料で停められるので便利です。
山の上の方はまだ凍結はしてませんが、防寒着はあった方がよいかと思います。奥多摩ぐらいであれば、朝をのぞけば冬でも主要道路はそんなに凍結はしてないですよ。日陰になっている箇所が午前中は濡れている感じでしょうか。ただし、五日市あたりが雨でも、檜原・奥多摩は雪だったりしますので、注意は必要ですね。雪が降ると、しばらくは残ってますので。

投稿: ほえ~ | 2006年11月 8日 (水) 00時48分

東京エンデューロのある、12月17日、仕事決定TT
残念~
せっかく昭和記念公園まで自転車で20分の絶好のロケーションに住んでるのに~。

投稿: マント | 2006年11月 9日 (木) 07時25分

マントさん。こんにちは。
それは残念ですねぇ。お互いにイベント会場としては昭和記念公園が一番近いでしょうから、行くには楽な場所なんですけどね。
私は出るかは未定です。近いんですけどね。冬用のウェアを持っていないので。(MTBで着ているやつはあるんですけど、ロード向きじゃないですし。)
いま、ウェアを買おうか迷ってます。

投稿: ほえ~ | 2006年11月 9日 (木) 12時17分

ぴながりは、長いです文化財をスペーサーしたかった。

投稿: BlogPetのぴながり | 2006年11月11日 (土) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60391/4073391

この記事へのトラックバック一覧です: ROAD その18:

« きょうは(BlogPet) | トップページ | Bento Box »