« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月28日 (土)

今日は天気も良く、絶好の自転車日和なのですが、友人と前から予定していたかき氷を食べに秩父に行って来ました。

秩父(長瀞)は阿佐美冷蔵という、天然氷のかき氷を食べることができるお店です。
12時半頃に着きましたが、駐車場は満車。さらにかなり人が並んでます。天気が良いのでかき氷を食すにはいい日なのですが、炎天下の中を待つのはつらいですね。

さて、待っている間に注文を決めます。

Ts3d0001 「氷みつ」を注文しました。

 

 

 

 

 

30分ぐらい待って、やっと席に着くことができました。ふぅ~。
少し待っていると、出てきました。

Ts3d0004 左奥から、
 せん茶あずき
 黒みつ
 氷みつ
です。

 

 

「氷みつ」ですが。さっぱりした甘さでなかなか。写真を見ての通り、かなりの量がありますので、さすがに同じ味では飽きてしまいます。そういう時は、ついてきた練乳でアクセントを♪
これだけのかき氷を食べると、キーンと頭に来るものですが、この氷は全然、キーンと来ません。これが天然氷なんですかね。

かき氷を食べ終わった後は、長瀞を少し歩いて、蕎麦を食べてきました。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

狩野川100kmサイクリング

狩野川100kmサイクリングに申し込みました。開催日は9月30日です。このイベントは伊豆長岡などの中伊豆を、狩野川沿いにサイクリングするというイベントです。なので、時間やスピードではなく、マイペースで完走を目指す長距離サイクリングになります(計時もされません)。
でも、中伊豆は景色も良くて、好きな場所なので、のんびり楽しめたらなと思ってます。
唯一の不安は、ちゃんと申し込めているかということ。参加料は振り込みましたけど、参加申し込みページがまだ準備されてないんですよね。
申し込みページができる前に、定員に達したらどうなるんだろ?

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

ROAD その44

今日は雨がやみ、道も乾いてきたので、お昼頃からですがガリレオ君で走りに行ってきました。
今日の目的は、山王峠、倉掛峠、仁田山峠の制覇です。これらの峠はみんな名栗周辺にあります。

さて、まずは名栗に向かうのと同様に吹上峠に向かいます。名栗に向かう時は吹上峠を抜けたら左に進みますが、今日は右に進みます。この道は車も多くはないので、かなり快適に走れて好きな道です。適度にくねっているので、車でも良く走りました。
成木四丁目から成木一丁目に進み、飯能市に入ります。飯能に入って最初の信号を鋭角に左折します。あとは道なりに進めば山王峠に着きます。最初のうちはかなり緩い勾配だったので、楽なもんだと思っていたのですが、いやはや峠付近の勾配は10%ありました。ふぅ~。

山王峠から飯能(名栗?)の原市場まで一気に下り、今度は倉掛峠を目指します。倉掛峠への道は初めてだとわかりづらいですが、なんとか迷わず行くことができました。倉掛峠は距離は短いですが、登り応えはありました。

今回、山王峠、倉掛峠へ行こうと思ったのは、自宅から吾野辺りに出る最短ルートを地図で探していたら、この二つの峠をみつけたからです。今日は下見的な意味もあります。
これから向かう仁田山峠は、来た道を戻るのもつまらないので周回ルートにしようと思い、地図で道を探していたら、名栗(
綵珠の手前)に抜けられそうだったので、ついでに行ってみようと思ったのでした。
でも、ついでじゃなかったです。メインディッシュでした。

倉掛峠を越えて少し進むと分岐があります。右に行くと吾野方面ですが、今日は左側の子の権現、竹寺方面に進みます。
渓流沿いの適度な勾配の道です。基本的には一本道です。途中で子の権現と竹寺方面の分岐がありますので、竹寺方面へ。そのうち子の権現も行ってみたいと思いますが、かなりの勾配みたいなので、ちょっと躊躇うものが・・・。
子の権現との分岐を過ぎて少し進むとまた分岐が。竹寺方面と名栗方面への分岐です。
ここは名栗方面へ進みますが、車で20分と書かれてます。車で20分もかかるのか。自転車だと1時間ぐらいかかるのかな?
山際を縫うように道がはしっています。木々と草が多くて先が見えません。どの辺りがてっぺんかもわかりません。とにかく漕ぎます。
そのうち少し開けた所が。ここが最高地点かなと思ったら、まだ先に登りが。そんなことを二、三回繰り返したら、やっと最高地点に到着。ここが仁田山峠かと思い写真撮影。でも、看板も何もないのでほんとに仁田山峠かわからず。怪しそうな所で写真撮影をしまくりました。

P1000080 最高地点付近です。

 

 

 

 

 

帰宅してからカシミールで確認したら、仁田山峠は最高地点よりかなり下った所でした。でも、ちゃんと写真は撮っていました。良かった、良かった。

P1000086 ここは、仁田山峠ではありません。仁田山峠だと思っていたのですが、仁田山峠は切り通しになっているようです。案内がないので、全然わかりません。(T_T)

 

 

 

仁田山峠を無事に越えたら名栗湖周辺です。綵珠に行こうかとも思ったのですが、今日は寄らずに帰ることにしました。
ここからの帰りは小沢峠を越え、軍畑に出ることにしました。吹上峠は前回も通りましたしね。
でも、軍畑に抜ける道はけっこう勾配がきつくて苦労しました。

軍畑に出たら、あとは吉野街道を進むだけなのですが、ここまで2時間以上、休憩なしだったので、青梅の柚木でコンビニに寄って燃料補給。一息つけました。
やっぱ、休憩しないとダメですね。体に良くないです。
あとはのんびり満地峠経由で無事帰宅。3時間弱の旅でした。

 

平均時速:20.8km 最高時速:59.4km

今日の走行距離:61.93km 総走行距離:2435.1km

P1000101 写真はこちら↓

http://chevalier-de-rose.cocolog-nifty.com/photos/roadvol44/

 

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

MTB その18

今日は先週見積もってもらった、MTBのメンテナンスに行ってきました。すっきりしない天気でしたので、遠出しづらかったですし。

さて、メンテナンス箇所は、ブレーキワイヤーとチェーンです。

P1000002_3 ワイヤーが切れたりしてます。

 

 

 

 

 

P1000004_5 チェーンもかなり汚いです。

 

 

 

 

 

ブレーキワイヤーは6年、チェーンは8年ぐらい(つまり購入以来、一度も)交換してません。さすがにねぇ、もう換え時でしょ。
他にもリアサスとか、メンテナンスをしても良いのですが、リアサスをメンテナンスすると1万円ぐらいかかるとのことで、今回は最低限の内容にしました。特にブレーキは命に関わりますからね。
ブレーキもねぇ、ディスクブレーキを勧められたりもしましたが、今使っているVブレーキはXTR(ROADでいうとこのDURA-ACE
)なんですよ。贅沢にも。なので、換えるのはねぇ、フロントフォークも交換しないと付けられませんし。
パスです。

さて、交換作業中はやることがないので、お店の商品を見たりしながら待っていました。だいたい1時間ぐらいで作業完了。
やはり、チェーンはかなり傷んでいたようです。

P1000013 うん、うん。綺麗になりました。チェーンも綺麗になりました。

 

 

 

 

雨が降りそうな天気でもありましたので、お礼を言ってさっさと退散。でもまっすぐに帰ってもつまらないので、多摩川CRを経由で秋川沿いに帰ることにしました。
秋川沿いは舗装されていたり、いなかったりで、ROADで走るにはイマイチな場所。でもMTBでは楽しく走れる場所だったりします。MTBの良さは、路面状況を気にしなくても良いとこですね。

さて、メンテナンスによって交換したブレーキワイヤーとチェーンですが、ブレーキワイヤーは体感はできませんでした。まっ、交換前のワイヤーも、当然ですがちゃんとブレーキをかけられましたから。切れる確率を下げたといったところでしょうか。
しかし、チェーンは違いました。あきらかにペダリングが良くなりました。もう、静かに抵抗無く漕ぐことができるようになりました。
やっぱ、チェーン交換て大事なんだなぁ。

そうこうすると、家の近くの養護学校に。なんかイベントやってます。学校の隣の公園にはポニーもいます。学校からはリンダ・リンダ(違ったかな?)を熱唱する声が。う~ん、唄っている人の世代がわかりますね。
TREKに乗った、あの人も唄ってたのかな?
模擬店なんかもあって、寄ってみようかとも思ったのですが、人が多かったのでやめました。

今日の走行距離 16.60km 総走行距離 748.0Km + α

P1000016_2 写真はこちら↓

http://chevalier-de-rose.cocolog-nifty.com/photos/mtbvol18/

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

自転車の保険

自転車の保険に入りました。効力開始日は9月1日からですが。
ちょうど自動車保険の更改となり、「自転車賠償責任補償特約」を追加できたので、特約を追加しちゃいました。
1,260円(年払い)で最高1000万円(
1事故あたり対人・対物合計)の補償です。

人に迷惑かけちゃいけませんし、ロードはかなりスピードが出ますからね。気をつけるのは当たり前ですが、もしもの為に入りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

MTB その17

今日はガリレオ君で走ろうかと思ったのですが、先月に富士見パノラマに行って以来、MTBをほったらかしにしていたので、MTBで軽く走ってきました。MTBのブレーキワイヤーがけっこう傷んでいたので、自転車屋さんにチェックして欲しかったのもありますし。
自転車屋さんに行くだけだと距離が短すぎるので、吹上峠の旧旧道に行ってから行くことにしました。
吹上峠のトンネルは、下から新吹上トンネル(現在、車が通っている道。平成5年
)、吹上陵道(車は通れませんが、自転車は通れます。昭和33年)、そして旧吹上陵道(フェンスで塞がれてます。明治37年)があります。
さらに明治トンネルの上に切り通し(文政11年)があったりしますが、今回の目的は旧吹上陵道を拝むことに。(切り通しはそのうち行ってみようかな。自転車は無理っぽいですが)

吹上峠までは、満地峠→東青梅→黒沢と進めば着きます。ガリレオ君で名栗方面に行く時に通るので迷うことはありません。先週も集団で通りましたしね。
さて、吹上峠の旧旧道へ行くには成木街道から脇道(新吹上トンネル手前のバス停横)に入ります。勾配はきつくなく、舗装もされてますので問題なく登っていけます。

P1000004_4 こんな感じの道です。この先に1軒民家があります。

 

 

 

 

 

さて、途中まで行くと道が塞がれてますが、横から難なく進めます。ただ、舗装路はここまでで、この先は砂利道になりますので、MTBじゃないと進めません。今日は昨日の台風のせいで水がかなり出てましたが。しばらく進むと廃屋が見えてきます。この廃屋には凄惨な話があります。よく覚えていませんが。まっ、ほんとの話ではないようですがね。たぶんネットで検索すれば出てくるかと思います。
廃屋の横まで進むと見えました、今日の目的地、旧吹上陵道が。

P1000016_1 なかなか立派なトンネルです。

 

 

 

 

 

さて、あまり気持ちのいい所でもないので、さっさと退散。でも、次はこの上にある文政の切り通しに行ってみようかな。いつになるかはわかりませんが。

いったん東青梅に出て、増水している多摩川を見るために羽村の堰へ。

P1000020_2 堰が一つ流されてます。羽村の堰は流される作りになっていますので、流されるたびに作り直されます。

 

 

 

 

羽村の堰でちょっと休憩した後は、自転車屋さんへ。MTBの悪い所を見てもらいます。ブレーキワイヤーとチェーン(買って以来、8年も換えてません)が悪いのはわかっていますが、他にもあればいっしょに直す方がいいですからね。見てもらった結果は、ブレーキワイヤーとチェーンは換えた方がよいとのこと。あとは強いて言えばリアサスとのことでした。まあ、今回はリアサスはいいとして、ブレーキワイヤーとチェーンを交換することに。お店ではすぐにでも作業可能とのことでしたが、見積もりだけのつもりで来たので、お金をあまり持ってきていません。近いうちに行うということで、パーツの確保だけをお願いしました。

そして、もう一つ。これから本格的な夏を迎えるにあたり、ボトルが1本では心許ないです。それに富士チャレンジでソロ100を休憩無しで走りきるためにも。
というわけでボトルケージを注文しちゃいました。
注文したのはサーファスの「
CIRQUE SL」です(ネットで探しましたが、よい画像がないですね)。カーボン(自己満足を満たすため)で、18gです。しかも2つ。(^^ゞ
サーファスではもう1種類のボトルケージもあり値段も少し高いのですが、なぜか若干、重いんですよね。なんでかな?

今日の走行距離 35.13km 総走行距離 731.4Km + α

P1000024_1 台風一家の後。写真はこちら↓

http://chevalier-de-rose.cocolog-nifty.com/photos/mtbvol17/

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

富士チャレンジ200 ソロ100締切

富士チャレンジ200のソロ100が早くも締め切られましたね。ソロ200もかなりのペースで参加者が集まっているとか。
ほんと、自転車がブームなんですね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

ROAD その43

今日はちょろすけさんのブログを通じて集まった方々と、名栗・正丸方面へ。4、5人くらいかなと思っていたら、総勢9人も集まりました。これだけの人数で走るのは初めてです。
今日のコースは、東青梅から小沢峠経由で名栗へ。そこから山伏峠、正丸峠へ行くという予定です。

まずは吹上トンネルを抜け、小沢峠へ。3週間ぶりの走りで、ちゃんと走れるかなと思いましたが、大きな問題はなさそう。今回はクランク交換後の初ツーリング。新しいクランクはとてもいい感じで、今までより2枚重いギアで走れます。これはクランク自体の違いもありますが、アウターを50Tから48Tに換えたのが大きかったかと思います。また、インナーでも今までよりよく進んでくれます。こっちはクランク自体の性能差かな。少々、値は張りましたが、交換した甲斐がありました。

さて、小沢峠を越えて名栗に出ると、山伏峠方面へ。今回はまっすぐ山伏峠へは向かわず、天目指峠を越えることに。何度もこの辺りを(車で)走ったことがありますが、この峠は知りません。新たなルートの開拓です。今日はほとんどの方が初めてお会いする方でしたが、同じ自転車乗りと知り合えるだけでなく、新たなルートを知ることが出来るのも、こういう企画のいい所ですね。

で、天目指峠ですが、・・・これはまた何とも登り甲斐のある峠です。距離は短いですがなかなかの勾配でした。

P1000003_1 ヘトヘトになりましたが、制覇しました。

 

 

 

 

 

天目指峠からR299に出ます。R299に出て少し行ったところでお昼に。「宇ぜん」というお店です。人数が多いので3人と9人に席が分かれたのですが、3人の方はお店のおやじさんにより、無条件に「鯖のみそ煮定食」に。う~ん、面白い店だ。まあ、一人で切り盛りしていて、いきなり大人数で来られてはしかたないかも。

P1000009_3 味は良かったです。

 

 

 

 

 

食事の後は正丸峠を目指します。前回は名栗側から山伏峠経由で行ったので、今回は逆コースとなります。しかし、正丸峠は道が・・・。まあ、幹線道路ではなくなったので、しかたないですがね。
正丸峠からは続けて山伏峠へ。この二つの峠はとても近いので、セットメニューですね。ただ、山伏峠から正丸峠を目指す方がたぶん楽ですね。しかし、正丸峠からR299へ下るのと、山伏峠から名栗へ下るのとでは、圧倒的に山伏峠からの下りの方が快適。どちらを選ぶか、楽な登りか、快適な下りか。今後、この方面に走りにいった時に迷いそうです。

山伏峠を下りきり、しばらく進んだところで本日のメイン(少なくとも私にとっては)である、手作りケーキ工房「綵珠」に到着。やっと、ケーキが食べられる♪
(参考:今日の朝食。洋なしのタルト1/2ホール。)

P1000019 フルーツロールケーキとダージリンを楽しみました。
また、来たいと思います。

 

 

 

 

ここでちょっとまったりした後は、帰路へ。行きに越えた小沢峠経由で帰ります。今まで名栗側からの小沢峠は避けてきたのですが、今日は覚悟を決めて登ります。登ってみると、うん、なんとか登れるかな。今日は他にも峠を登っているから耐性が付いたのかな。
登ったり、下ったりしながら東青梅のコンビニに到着。ここで少し休憩した後は、流れ解散。行きは満地峠経由でしたが、帰りは少しゆるめの登りで帰りたかったので、多摩橋まで皆さんと多摩川CRを走り、家に帰りました。

今日、越えた峠は、
満地峠、吹上峠(往復)、小沢峠(往復)、天目指峠、正丸峠、山伏峠
です。1日でこんなに峠を越えたのは初めてです。たぶん、一人で走っていたら無理だったでしょう。
いろいろ勉強になった1日でした。

平均時速:20.8km 最高時速:52.7km

今日の走行距離:64.18km 総走行距離:2373.1km
(途中でサイコンの計測を止めてしまって・・・)

P1000014_2 写真はこちら↓

http://chevalier-de-rose.cocolog-nifty.com/photos/roadvol43/

 

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

自転車屋さんについて(BlogPet)

きょうぴながりがほえ〜でお伝えすればよかった?
ほえ〜が睦にお伝えしたいです。


今日は足も軽く、快調に進みます(追い風だっただけですが)。
約1時間ほどで、少し苦労しましたといいたいところですが、達成感はイマイチ。
だって、山伏峠を示す標識とかが何もないんですけど・・。
山伏峠からは向かい風でした。
特に問題はなさそうですが)。
約10分で正丸峠に到着。


 

 

山伏峠へは名郷というところまでは勾配も緩く、楽に登ることができました。
下りきるとR299に出ますので、日差しが遮られていたうどん屋さんへ。
途中でこんな看板が、山伏峠からですと楽ですが。
 「忙しくて作業できないので、この分岐を正丸峠方面へ進みます。
今日の目標は山伏峠と正丸峠を攻め落とすこと。


8時前に家を出発。
まずは名栗湖(正確には茶屋がありますが、道悪で幅も狭いのでのんびり下ります。
少し下ると、もう少し時間が欲しいとのことでした」なるほど。
そりゃ、しかたないね。
ちゃんと登れるか確認しておかないとね♪)で目星をつけていて、開いてません。


こんど、寄ってみたいと思います。


 ここまでの走行距離と平均速度:20.8km/h

名栗湖にいくと、正丸峠への分岐がありますので、日差しが遮られていたよりは楽に行くことができます。
つづら折りになっており、カーブの所などで勾配がきつくなるところもありますが、お昼頃には福生に到着。
えらい近いです。
路面状況の悪さを除けばですが・・・」んっ?入荷していましたが、達成感はイマイチ。
だって、山伏峠を示す標識とかが何もないんですよ。
ちょっとねぇ。
山伏峠にて

 

 

 

平均時速:2291.8km 総走行距離:36.59km 最高時速:52.5km

今日の走行距離と平均速度  平均速度:21.7km

写真はこちら↓

ht t p://c h e v a l i e r-d e-r o a d v o l o g-n i f t y.c o l42/

 

 

 ここまでの走行距離:87.08km/h

正丸峠にはその手前の激坂で足を使っちゃうので、この分岐を正丸峠方面へ少し下ります。
それに木々が道を覆っているので、まだ連絡しませんでしたのですが、道悪で幅も狭いのでのんびり下ります。


 

 

平均時速:2299に出てからは秩父方面へ進みます(追い風だっただけですが。
 「クランク入荷してるんですけど・・・」んっ?入荷している?でも入荷連絡無かったな。
何か問題でもあったか。
自転車屋さんについて、チェーンオイルを買おうかと思うと、もう少し時間が早すぎて、とても快適です。

やっちゃいました。
ちなみにNewクランクはこれです。

正丸峠にて

 

 

 

山伏峠へは名郷というところまでは勾配も緩く、楽に登ることができましたといいたいところですが、想像しておかないと。


R291.8km 総走行距離と平均速度  走行距離:20.4km/h

名栗湖には向かわずに山伏峠方面への分岐に到着。


 ここまでの走行距離と平均速度:21.7km 最高時速:52.59km 総走行距離:34.27km

写真はこちら↓

ht t p://c h e v a l i e r-d e-r o s e.c o c o l o g-n i f t y.c o c o m/p h o t o s/r o a d v o l42/

 

 



*このエントリは、ブログペットの「ぴながり」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

富士チャレンジ200 参加決定

富士チャレンジ200の参加受付が7月1日(funride定期購読者は6月20日)より開始されました。つまり、ついさっきです。まさか、日が変わると同時に受け付け開始するとは。
早速、申し込んじゃいました。ヾ(´▽`;)ゝエヘヘ

参加するカテゴリーは、今年もソロ100kmです。ソロ200kmに出てもねぇ、100kmを3時間半を切るタイムで走れるようになってからでないとねぇ。現実的には休憩時間も考えると、100kmを3時間ぐらいで走らないと、200km完走はきついかな。

今年の目標は・・・、とりあえずは昨年のタイムを更新かな。そして出来れば3時間半を切る・・・、切れるといいな。
昨年はハンガーノックになりかけたので、今年はエネルギー補給をしながら走りたいと思います。

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »