« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

今年最後のお掃除

昨日はウェットな路面を走ったため、ガリレオ君がかなり汚れてしまっています。それにディレイラーとかも今年1年の汚れが溜まっていますので、今年最後の仕事として、ガリレオ君を綺麗にすることにしました。
でも、今日は風も穏やかな気持ちのよい天気。う~ん、走りに行けば良かったかな。

まずはチェーンとリアディレイラーを綺麗にします。いつもはリアホイールを着けたままチェーンを掃除しますが、スポークが邪魔で作業がしづらかったりします。そこで今日はNewアイテムの登場です。

P1000001 ホイールが無くてもチェーンが張っています。

 

 

 

 

 

P1000002 裏から見るとこんな感じです。
ディレイラーの掃除もしやすくなります。

 

 

 

 

P1000005 こんな感じのアイテムです。お店にころがっていた物を、安く(?)譲ってもらいました。

 

 

 

 

さて、まずはチェーンを綺麗にします。けっこう汚れてます。次はリアディレイラーのバネの部分も掃除します。ここはなかなか掃除しない場所なので、かなり汚れてます。バネに付いている油分に埃や細かい砂が付いちゃっているんですよね。ディグリーザーを吹いて汚れを浮かします。その後はブラシで擦ればOK。

P1000003 こんな感じです。まだ拭き取る前なので、汚れが残ってますが、バネの汚れはかなり落ちてます。

 

 

 

 

今日は普段はあまり行わないチェーンリングの裏も綺麗にしました。

P1000004 まあまあかな。

 

 

 

 

 

この後は、フレームにワックスをかけ、ワイヤーのグリスアップやディレイラーの各部に注油して完了。

P1000007 後ろのユーロR君も汚れを拭き取りました。

 

 

 

 

 

ふぅ、これで新年を迎える準備ができたかな。
今年は怪我もなく、走ることができました。来年も怪我することなく、楽しく走りたいですね。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

ROAD その61

今日は今年やり残したことを果たしに行ってきました。やり残したこととは和田峠を足をつかずに登りきること。和田峠は4月末に行ったのですが、キツイ勾配に負けて足を着くこと数度。登り終えた直後はヘロヘロでした。そんなわけで、いつか足を着かずに登りきってやると思っていたのですが、気がつけば今年もあと2日。今年の借りは今年のうちにと思い、リベンジに行ってきました。

さて、いつもなら戸沢峠を越えて和田峠を目指すところですが、和田峠を登るまでは極力脚は温存すべきと考え、距離は伸びますが登りの緩いルート(サマーランド→戸吹町→楢原町→四谷町→川原宿)で向かうことに。スピードも出し過ぎて脚を消耗しないように注意します。
そうです。和田峠を足をつかずに登りきる為には手段は選んでられないのです。戦いはすでに始まっているのですから。

和田峠へのベースキャンプとなる川原宿の交差点に到着。ここのコンビニで補給食を購入します。この先、コンビニなんてありませんからね。
川原宿から和田峠までは基本的に登りなのですが、キツイのは最後の数キロ。それまではゆるい登り、もしくは平坦です。里山の風景を楽しみながらの、のんびりサイクリングを楽しみます。そう、戦力の逐次投入と分散は各個撃破されるだけです(何度失敗したことか)。戦力の集中は戦略の基本です。
のんびり走って最後のバス停、陣馬高原下に到着。いよいよ決戦です。ここからキツイ登りの始まりです。

P1000003 敵戦力、3.7km

 

 

 

 

 

登りはじめはそうでもないですが、すぐに勾配がキツクなり始めます。ギアを少しでも温存しようかと思いましたが、かなり早い段階で27Tを使用。もう、あとは漕ぐしかありません。途中、目の前の勾配を見るたびに足を着きたくなりましたが、そこは堪えて漕ぎます。キツイ所はダンシングで登り、少し緩くなったらシッティングで回復を計ります。
やはり、和田峠はキツイです。頭の中でROBERT MILESのCHILDREN、FABLEをBGMにしながらひたすら漕ぎ、さらに漕いでやっと和田峠に着きました。なんとか足を着かずに登ることができ、目標達成です。やったね♪

和田峠でしばらく休んでいると、1人のローディーが登ってきました。この方としばし談笑。この方はTREKのアルミBikeに乗られていて、トライアスロンをされているとのことでした。また、佐渡も130kmの方で出場されたそうです。
しかし、今日はローディーも含めてほとんど自転車乗りにお会いしませんでした。陣馬高原下のバス停に着くまでに1人も会わず、登り始めてやっと数名の方とお会いしたぐらいでした。もっとも、登っている最中はまともな挨拶はできませんでしたが。

和田峠からの下りは前夜の雨でウェットな路面であるため、ゆっくりと下りました。途中、かなり怪しい雲行きでしたが、八王子の恩方付近は雨が逸れたようで濡れずにすみました(あとでわかったことですが、自宅の辺りはかなり降ったようです)。

家を出たのが遅かったので、すでにお昼を過ぎています。そこで、五日市に出て、駅前にある山猫亭でお昼を食べることに決定。すでに和田峠は登り終えてますので、ここからは最短ルートで行くことに。戸沢峠、小峰峠を越えて五日市を目指します。小峰峠は落ち葉がすごそうなのと、前日の雨でかなりウェットな路面であると思われたので、新小峰トンネルでエスケープしちゃいました。

山猫亭ではキーマカレーのセットと、福猫のアイスクリームを注文。キーマカレーを食べながら、お店に置いてあるマンガを読む。幸せな一時です。
キーマカレーは前にも食べたことがあるので、写真は省略(つうか、デジカメの電池が切れかかっていたので)。キーマカレーの後は本日のメイン(ほんとはデザート)の登場です。

P1000013 福猫のアイスクリームです。
猫は最中です。

 

 

 

 

前に来た時に気になっていたんですよね。なかなか、かわいらしい福猫です。来年の福を呼んでくれるかな?

 

平均時速:20.0km 最高時速:41.1km

今日の走行距離:53.10km 総走行距離:3719.1Km

P1000004 写真はこちら↓

http://chevalier-de-rose.cocolog-nifty.com/photos/roadvol61/

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

ROAD その60

今日は先週行きそびれた、「パン工房 シロクマ」に行ってきました。今度は迷うことのないように、しっかり予習しました。

今回は目的が「シロクマ」なので、登りは極力ないルートで行くことに。しかし、今日は風が強い。しかも北風。寒いです。行きは北上するので向かい風となりモチベーションが下がります。まあ、帰りに向かい風になるよりはいいかなと思うことにして、北上します。でも、寒いです。特にシューズカバーを忘れたために足が・・・。はぁ、最近は何かしら忘れ物をしてしまいます。

1時間半ほど走って、やっとこシロクマに到着。自宅からの距離は37kmぐらいでした。パンを目的に走る距離ではないような気もしないではありませんが、まあ深くは考えないことにします。しかし、さすが自転車乗りに有名なパン屋さんです。ロードが7台も停まっていました。

P1000006 本日のチョイス。上がシロクマあんぱん、下がくまさんサブレです。

 

 

 

 

パンは値段も安く、味もなかなか。白石峠とか走る人には大事な補給スポットなのでしょうね。

ほんとうは弓立山も行こうかと思っていたのですが、寒くて行く気が失せてしまいました。それに午後は車のタイヤ交換をしようと思っていたので、ここでUターン。来た道を戻ります。と、ほとんど走らないうちに1台のロードが走ってきます。う~ん、誰かに似ているなぁと思いながら見ていると2007赤ガリです。ウェアは赤系。あの方で間違いないでしょう。そうドビンゴさんでした。ドビンゴさんはこれから白石峠を目指すとのこと。私が先週下ってきて、登ることはすまいと思った、都幾川町側からのアタックです。さすがです。冗談交じりに誘われましたが、シューズカバーを忘れた事を言い訳に、お断りさせていただきました。ちょっとねぇ。あの坂を登る時は、心の準備期間が私には必要です。

ドビンゴさんとお別れした後は、来た道を南下します。行きに苦しんだ風も追い風となり、快調に走れます。ちょっと緩めの坂なら平地のように走れてしまいました。追い風、様々でした。

平均時速:22.4km 最高時速:44.5km

今日の走行距離:66.01km 総走行距離:3666.0Km
(ほんとは75.2km。サイコンを止めちゃいました。)

P1000008 写真はこちら↓

http://chevalier-de-rose.cocolog-nifty.com/photos/roadvol60/

 

 

 

おまけ

P1000023 自家製の干し柿です。いい感じで出来ました。

 

 

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

ふたご座流星群

今日は会社の忘年会があったので、帰りが終電になってしまったのですが、家に着いて空を見あげると、一筋の光の線が。
そうです。「ふたご座流星群」です。ふたご座流星群は毎年この時期に見ることができるようなのですが、今年は月の入りが21時頃なので、月明かりの影響を受けることなく見ることができる好条件みたいなのです。条件が良ければ1時間に30個ほどの流星を見ることができるようです。詳しくは国立天文台のHPに出ています。

私は数分しか見てませんでしたが、2個見ることができました。ほんとは白石峠辺りに行くともっと見えそうですが、とても寒そうです。それに道も凍結している可能性も。夏タイヤではちょっと危険かな。あぁ、スタッドレスに変えておけばよかった。ちょっと残念。
でも、少しでも見ることができたから良かったかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

MTB その22

今日はのんびりMTBで走ってきました。走ってきた場所は滝山城趾。家からは自走で20分ぐらいです。

いつもは拝島橋側から行くのですが、今日は反対側から行きました。滝山城趾へは搦め手から入ります。大手側からの方が登りやすいですが、大手側に回るのが面倒だったので。
滝山城趾に搦め手から入ると、中の丸と本丸にでます。今日は中高年の方々がハイキングに来ているようで、50人以上の中高年の方が休憩してました。

ちょっと落ち着けない感じだったので、休憩することなく走り出し、尾根伝いに拝島橋を目指します。滝山城趾は道は狭いですが車も入ってくることができます。その為、道がしまっているので、MTBではなくてもクロスバイクであれば気持ちよく走れるような道です。また、丘陵地なので山の中を走っているというよりは、多少のアップダウンはありますが、雑木林の中を走っている感じになります。
この時期は落ち葉がすごく、道が落ち葉で見えませんでした。

写真を撮りながら走っても、15分ぐらいで拝島橋に到着。拝島橋からは多摩川CRで家に帰りました。
滝山城趾はちょっと走るには手軽でいい場所です。

 

今日の走行距離 22.63km 総走行距離 922.53Km + α

P1000021 写真はこちら↓

http://chevalier-de-rose.cocolog-nifty.com/photos/mtbvol22/

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

ROAD その59

風邪も治ったので、ガリレオ君で走りに行ってきました。今日のテーマはリベンジです。
リベンジの相手は顔振峠。夏に一度行って、足をついてしまった峠です。なので今日の目標は足をつかずに登りきることです。

さて、今日のウェアは、
「上は?」
「zerorh+ COLORジャージ」
「インナー、UNDER ARMOUR」
「下は?」
「ASSOS RXハーフタイツ」
「グローブ?」
「インナー併用」
「ヘッド?」
「ネックウォーマーキャップ」
「パーフェクトだウォルター」
てな感じです。もっとも、実際はウィンドブレーカーとシューズカバーを忘れるという、この時期の峠に行くにあたって、かなり痛いミスをしていて、全然パーフェクトではなかったのですが。
ASSOSのレーパンは今日おろしたのですが、お尻のパッドが厚めでなかなか良かったです。慣れてないせいか、少し違和感はありましたが。

顔振峠までのルートですが、夏に行った時は最短距離で行こうとしていくつかの峠を越えていったため、かなり脚を使ってしまったため、今日は距離は伸びますが、勾配の緩い飯能周りで行くことに。もう一つの注意点としては、飛ばしすぎないこと。緩い勾配や平坦だと、ついついスピードが出てしまいますので、脚の消耗を防ぐためにもゆったりぐらいのペースで走ることにしました。
1時間ほど走って顔振峠への登り口に到着。そのまま登り始めます。ギアも27Tをさっさと使って、一定のペースで登ることを心掛けます。リベンジの相手は顔振峠ですが、その先の峠にも行くつもりなので、脚を顔振峠だけで使い切るわけにはいかないのです。
せっせ、せっせと漕いだ甲斐があって、顔振峠に到着。なんとか登りきることができました。\(^_^)/

P1000013_2  

 

 

 

 

 

顔振峠からは奥武蔵グリーンラインを北上します。顔振峠→傘杉峠→飯盛峠→ぶな峠→狩場坂峠と続きます。狩場坂峠までは夏に行ってますが、さらに大野峠→白石峠→定峰峠と続きます。言うなれば、
「峠を無限に味わうために。次の峠のために。次の次の峠のために」
です。だいたい、峠の間隔は2~3kmでしょうか。途中で補給食を食べたりしながら、まずは狩場坂峠をめざします。陽が差している所はいいのですが、日陰や下りは寒かったです。ウィンドブレーカーを忘れたツケがでてきました。

P1000019_2散ってしまっている木も多かったですが、紅葉している木もまだまだありました。

 

 

 

 

顔振峠から1時間ほどで狩場坂峠に到着。ここには茶店があるのでしばし休憩。茶店では「山椒みそおでん」を食します。山椒は粒で入っています。山椒がいい具合に効いて美味しくいただけました。茶店のおばちゃんが言うには今年の営業は明日までとか。良かったぁ~、今週来といて。来週だったら、補給できないところでした。

P1000040_2 「山椒みそおでん」です。

 

 

 

 

P1000042_2 かまどで作ってます。

 

 

 

 

 

夏に来た時は狩場坂峠から下ったのですが、今日はさらに先を目指し、大野峠、白石峠と進みます。ただ、午前中は陽が出ていたのですが、狩場坂峠に着く手前ぐらいから雲が出てきて、陽が陰ってしまったのが辛かったです。
白石峠まで無事に到着。さらに定峰峠まで行こうかと思いましたが、すでに1時近くになっており、陽も短い時期なので峠はここまでにすることに。ただせっかくなので白石峠の近くにある堂平天文台に寄ってから帰ることにしました。
堂平天文台は夜景スポットとしても国内有数らしいです。宿泊施設もあるので、夜景&星の一晩が過ごせます。この時期はえらい寒そうではありますが。でも、ちょうど雲の切れ間から陽が差してきて、気持ちよかったです。

堂平天文台から白石峠に戻り、都幾川町方面に下ります。白石峠へのヒルクライムと言った場合は、この道になるのかな。しかし、この道・・・いい感じの勾配の連続です。というか、いい感じの勾配しかありません。下りながら、「都幾川町から白石峠に登ることは、決してしまい」と思いました。いい感じの勾配なので下りが楽しめたかというとそうでもなく、道が広くないのとタイトなコーナーも多いので、スピードに注意しながら下ったのと、なにより寒さで勢いよく下る気にはなれず、楽しむまでにはいたりませんでした。

都幾川町に出たところで、お昼を食べようかなと思い、自転車系のブログでよく名前の出てくる「しろくま」に行こうかと思ったのですが、見つかりません。ネットで調べて大体の位置を頭に入れてきたのですが、見つからず。しかたないので諦めて先に進むことにしました。ちなみに私は明覚の辺りだと思っていたのですが、家で再確認したところ、実際は越生の辺りみたいです。見つかるわけないです。全然違う場所を探していたのですから。

「しろくま」を諦めて、以前に食べて美味しかった「米勘」で食べようかと思い、越生方面に向かいます。「米勘」の看板が見えてやっと食事だと思ったのですが、仕度中の文字が。着いたのは2時半頃だったのですが、2時~4時までは仕度中だったのです。(:_;)
けっきょく、お昼はコンビニで済ませました。

この後は、越生から毛呂山、日高、飯能と走って、家まで帰りました。ただ、宮沢湖や青梅に入る手前の長くて緩い坂が疲れた体に堪えました。

 

平均時速:20.1km 最高時速:49.9km

今日の走行距離:117.28km 総走行距離:3588.8Km

P1000050_2 写真はこちら↓

http://chevalier-de-rose.cocolog-nifty.com/photos/roadvol59/index.html

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

安全運転のお勉強

今日はわざわざ有給休暇を取って、安全運転のお勉強をしに府中まで行ってきました。

さて、今日の講習は講習料¥13,800-で、以下のスケジュールで行われます。

 1.適性検査
 2.マナー講習
 3.実車での実習
  お昼休み
 4.安全運転に関する講習
 5.考査
 6.シミュレーター
 7.点数に関する講習

さて、今日の講習の先生はとても優しい先生でしたが、居眠りと遅刻にはとても厳しく、一分の遅刻で午後の考査で1点減点となります。居眠りも度が過ぎると減点対象です。
ほんとは今日みたいな天気のいい日は自転車で走りたいんですけどね。たまには安全運転のお勉強もいいものです(ほんとか?)。講習会場からの眺めもなかなかでした。
Ts3d0003 携帯で撮りました。デジカメ持ってくればよかったかな。
注:施設内外の撮影は禁止みたいです。

 

 

 

 

適性検査、マナー講習を受けて、実車での実習です。色づいた葉の下を、落ち葉を踏みしめながらの(会場のコース内ですが)ドライブです。とても気持ちのよいドライブでした。
実習の後はお昼です。ここの会場には食堂もありますのでそこでお昼を食べることに。今日のお昼はトンカツ定食(¥550-)でした。お味は不味くはないですが、値段通りの味といったところでしょうか。お昼を食べた後は午後の講習までしばし休憩。会場前の道路の街路樹が綺麗に色づいていました。
Ts3d0005 

 

 

 

 

 

午後最初の講習は「安全運転に関する講習」です。一番眠くなる時間ですが、ここは我慢です。かなり眠かったですが、なんとか耐えることができました。
さて、次は考査です。42点満点で36点以上が「優」となります。参加者は皆、「優」を目指し試験に突入です。回答欄を間違うというミスも途中で気がつきなんとかリカバリー。ふぅ、あぶない、あぶない。

試験官が採点している間にシミュレーター講習です。このシミュレーターはAT車とMT車を自由に選択することができます。私は愛車と同じMTを選択しましたが、35名中、MT車を選択したのは私1人でした。他の人もせっかくだからMT車を選べばいいのに。ちなみに車種も普通車(セダン)やワゴンといったなかから選択できます。
んで、シミュレーターの感想。優れていても所詮はシミュレーター。実車の操作感にはほど遠いです。実践派の私としてはこういった物は苦手です。
シミュレーターの結果は・・・最下位だったみたいです。(T_T)

シミュレーター講習が終わると点数に関する講習を受け、いよいよ考査結果の発表です。緊張します。結果は・・・なんと全員が「優」でした。いや~、今日は優秀な方が集まっていたようです。やったね♪
補記:ほんとに優秀な人は、今日の講習には来ません。

今日は朝から夕方まで安全運転に関する講習を受けてきました。受講した感想は・・・二度と来るまい。来てたまるか。講師の方も、「私たちに会いたくても、来ないで下さいね」と言ってました。

はあ、でも平成24年にまたここに来るんだろうな。他県に引っ越さない限り。あっ、江東や鮫洲もOKか。新宿もあったかな。やっぱ、ここが一番近いんだよなぁ。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

銀杏並木

今日は仕事帰りに外苑の銀杏並木を見てきました。さすがに陽が落ちた後なので葉の色づき具合とかはわかりづらいですが、なかなか綺麗なものでした。

P1000005 絵画館側より

 

 

 

 

 

P1000009 昼間見ても綺麗でしょうね。

 

 

 

 

 

P1000011 左のお店はSELANです。お店の灯りがいい感じです。

 

 

 

 

他にも青山通りから絵画館を撮ったりしたのですが、ブレてしまって・・・。三脚が必要でした。
たまに夜景を見るのもいいものでした。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

冬装備

昨日は立川に用事をすませに出かけました。普段は電車で行くのですが、風邪が治りきっていないので車で行くことに。用事をすませた後、せっかく車で来ているので、ちょっと足を伸ばして相模原まで冬用のウェアを買いに相模原まで行って来ました。

目指したお店は「Bicycle wear shop ZAMA」です。このお店はウェア専門店なので、なかなかウェア類は充実してます。サイズもまずまず揃ってますしね。
今回の目的はレーパン。上は最近2点ほど購入して揃っていますが、下がねぇ。この前の柳沢峠や五日市・青梅周辺のサイクリングでは夏物のレーパン+レッグウォーマーで走ったのですが、やはり寒いです。体が温まってくればまだ良いのですが、本格的な冬に入ると耐えられそうもありません。
というわけで、より寒くなる前に購入に走ったわけです。

購入したのはこれ、ASSOSのRXハーフタイツです。

P1000001  

 

 

 

 


こんな立派な箱に入ってます。別にこんな箱にいれんでもいい気が・・・(だから高いのか?)。箱に入っていて、物が展示さていなかったので見つけることができず、お店の人に聞いてやっと手に取ってみることができました。
裏が起毛になっていて良さげな感じ。パットも今のレーパンより厚いかな。防風仕様ではないですが、必要な場合は
モンベルのライトシェルサイクルパンツをさらにはけばいいかな。
と言うわけで、購入決定。ただ、このお店はカードがNGなので現金払いなんですよね。まあ、そのおかげでついでに他の物を買わなくてすんだわけですが。

さて、早く試したいのですが風邪がまだ治りきらないので、今週はおあずけ。この土日は天気もよく、風も穏やかなのに。
(ノヘ;)シクシク..
今日は大人しく家に引き籠もって、次の週末まで我慢です。今日みたいに気持ちのよい天気だといいなぁ。

補記
最近、今年一年に使った衣料費を調べたらかなりの金額に。これに自転車に使った金額は加えたら・・・。
使いすぎのようです。来年は少しは控えないといけません。でも欲しい物あるしなぁ。物欲はつきません。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »