« 銀杏並木 | トップページ | ROAD その59 »

2007年12月 5日 (水)

安全運転のお勉強

今日はわざわざ有給休暇を取って、安全運転のお勉強をしに府中まで行ってきました。

さて、今日の講習は講習料¥13,800-で、以下のスケジュールで行われます。

 1.適性検査
 2.マナー講習
 3.実車での実習
  お昼休み
 4.安全運転に関する講習
 5.考査
 6.シミュレーター
 7.点数に関する講習

さて、今日の講習の先生はとても優しい先生でしたが、居眠りと遅刻にはとても厳しく、一分の遅刻で午後の考査で1点減点となります。居眠りも度が過ぎると減点対象です。
ほんとは今日みたいな天気のいい日は自転車で走りたいんですけどね。たまには安全運転のお勉強もいいものです(ほんとか?)。講習会場からの眺めもなかなかでした。
Ts3d0003 携帯で撮りました。デジカメ持ってくればよかったかな。
注:施設内外の撮影は禁止みたいです。

 

 

 

 

適性検査、マナー講習を受けて、実車での実習です。色づいた葉の下を、落ち葉を踏みしめながらの(会場のコース内ですが)ドライブです。とても気持ちのよいドライブでした。
実習の後はお昼です。ここの会場には食堂もありますのでそこでお昼を食べることに。今日のお昼はトンカツ定食(¥550-)でした。お味は不味くはないですが、値段通りの味といったところでしょうか。お昼を食べた後は午後の講習までしばし休憩。会場前の道路の街路樹が綺麗に色づいていました。
Ts3d0005 

 

 

 

 

 

午後最初の講習は「安全運転に関する講習」です。一番眠くなる時間ですが、ここは我慢です。かなり眠かったですが、なんとか耐えることができました。
さて、次は考査です。42点満点で36点以上が「優」となります。参加者は皆、「優」を目指し試験に突入です。回答欄を間違うというミスも途中で気がつきなんとかリカバリー。ふぅ、あぶない、あぶない。

試験官が採点している間にシミュレーター講習です。このシミュレーターはAT車とMT車を自由に選択することができます。私は愛車と同じMTを選択しましたが、35名中、MT車を選択したのは私1人でした。他の人もせっかくだからMT車を選べばいいのに。ちなみに車種も普通車(セダン)やワゴンといったなかから選択できます。
んで、シミュレーターの感想。優れていても所詮はシミュレーター。実車の操作感にはほど遠いです。実践派の私としてはこういった物は苦手です。
シミュレーターの結果は・・・最下位だったみたいです。(T_T)

シミュレーター講習が終わると点数に関する講習を受け、いよいよ考査結果の発表です。緊張します。結果は・・・なんと全員が「優」でした。いや~、今日は優秀な方が集まっていたようです。やったね♪
補記:ほんとに優秀な人は、今日の講習には来ません。

今日は朝から夕方まで安全運転に関する講習を受けてきました。受講した感想は・・・二度と来るまい。来てたまるか。講師の方も、「私たちに会いたくても、来ないで下さいね」と言ってました。

はあ、でも平成24年にまたここに来るんだろうな。他県に引っ越さない限り。あっ、江東や鮫洲もOKか。新宿もあったかな。やっぱ、ここが一番近いんだよなぁ。

 

|

« 銀杏並木 | トップページ | ROAD その59 »

コメント

講習料も結構するんですね。お疲れ様でした。
僕も免許更新時は毎回ここで軽く訓示を受けてます。笑

投稿: ドビンゴ | 2007年12月 6日 (木) 00時08分

ドビンゴさん、おはようございます。
60日や90日以上だと、2日間の講習になり、さらに講習料は上がります。
それに講習料とは別に7万円を国庫に納めてます。はぁ~。

投稿: ほえ~ | 2007年12月 6日 (木) 06時36分

いや~高い授業料につきましたね。
仕事でよく講習を受けに行くのですがやはり敵は睡魔ですね。笑
お疲れ様でした。

投稿: あてうさ | 2007年12月 6日 (木) 20時34分

あてうささん、こんばんは。
ちょっとした気の緩みで、えらい高い授業料となりました。
確かに講習(特にお昼直後)の敵は睡魔ですね。私も先週、仕事の研修に行ったのですが、午後は辛かったです。演習とかだとまだいいのですが。

投稿: ほえ~ | 2007年12月 6日 (木) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60391/9267819

この記事へのトラックバック一覧です: 安全運転のお勉強:

« 銀杏並木 | トップページ | ROAD その59 »