« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

富士ヒルクラ前日

雨もおさまってきて、明日の富士ヒルクライムはなんとか雨の中を走ることは避けられそう。良かった、良かった。

さて準備(あぶなくデジカメを忘れるとこでしたが)もすんで、そろそろ出発しますかね。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

週末の天気

なんか、週末の天気が悪くなってきてます。数日前までは、週末の天気は悪くなかったのに、今日の予報では土曜日は曇時々雨、日曜日は曇時々晴れ。なんとかこのままの予報であって欲しいものです。
日曜が雨だったら・・・富士ヒルクラは棄権かな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

ROAD その76

今日は有休を取っていたので、ちょっと走りに行ってきました。この週末の天気が怪しいので、富士ヒルクライム前に走りに行くことができる最後のチャンスだったかも。有休を取っていて良かったです。

さて、目指すは未制覇の峠を二つ。松姫峠と大垂水峠です。どちらからでも良かったのですが、松姫峠から行くことにしました。あとで思うと、これが大正解でした。
まずは奥多摩湖を目指します。吉野街道を走っていると前方から1人のローディーが。黒人さんのローディーでした。たぶん、先日お会いした米空軍の方です。今日はこの黒人さんと大垂水ですれ違った二人しかローディーと会いませんでした。やっぱ、平日に走っている人はいないんですね。

家を出てから2時間ほどで奥多摩湖に到着。しばし休憩です。しかし、人がいません。とても静かでした。まあ、朝8時半ですから。当然と言えば当然です。

P1000012  

 

 

 

 

 

奥多摩湖から小菅村へ。松姫峠は小菅村と大月市の境にあるのです。小菅村まではアップダウンはあるものの、キツイ上りはないので程なく到着。ここから松姫峠を目指しての上りが始まります。う~ん、いきなりキツメの坂が出迎えてくれます。途中に鶴峠への分岐がありますが、この分岐の前後が一番きつかったような気がします。鶴峠との分岐を過ぎ、えっちらおっちら上ります。けっこう疲れます。それに道に周りの木々覆い被さっていないので、今日のような天気の良い日には日差しをもろに浴びて暑くて暑くて。湿度が低いのがまだ救いでしたけど。

休憩1回と写真撮影を名目に小休止数回。やっと、松姫峠に到着しました。ふぅ~。
松姫峠は西側が開けているので眺めが良いのですが、残念ながら今日は霞んでしまっています。日によっては富士山も見えるみたいなのですが、残念です。
補給食を食べながら休んでいると、車で来られた方に話しかけられたので、しばし雑談。話しているうちに、その方は富士ヒルクライムではボランティアで5合目まで荷物を運ぶとか。おぉ、それはそれは。ありがたいことです。丁重にお願いしておきました。

休憩もすんだので大月側に下ります。それにしても大月側は見事なつづら折りの連続で、しばらく走って見あげてみると、遙か上に走ってきた道が見えます。いや~、大月側からアタックしなくて良かったと思いました。
途中の深城ダムにちょっと寄って、あとは一気に下って猿橋に。とりあえず三大奇橋を見ながらまた休憩。

猿橋からはR20で大垂水を目指すのですが・・・走りづらい。路面は悪くないのですが、車がそれもトラックが多いので走っていて怖いったりゃありゃしない。松姫峠から小菅側に戻らなかったことを、ちょっと後悔しました。
大垂水峠は・・・一度で十分かなと。わざわざ走りに行くには車が多いので楽しくないですし。

今日は走るにはもってこいの天気だったのですが、暑かったです。湿気がなかったのでまだ良かったですが、これからの季節は暑さに注意しないと危ないかもしれませんね。けっこう、暑さにやられました。

 

平均時速:21.6km 最高時速:56.7km

今日の走行距離:135.55km 総走行距離:5140.4Km

 

P1000036 写真はこちら↓

http://chevalier-de-rose.cocolog-nifty.com/photos/roadvol76/

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

ROAD その75

今日は久しぶりに奥多摩にでも行こうかと思ったのですが、奥多摩方面を見てみると厚めの雲がかかっているじゃないですか。雨に降られても嫌なので、奥多摩はやめて青梅周辺の標高の低い坂を上りに行くことにしました。

まずは二ツ塚峠を越えて青梅へ。二ツ塚峠の青梅側への下りはカーブもきつくなく、気持ちよく下ることができる道です。久しぶり走りましたが、楽しい道です。
次は青梅駅前を通って青梅坂へ。青梅坂を越えて少し走ると聞修院があります。このお寺は庭が綺麗なので、季節毎に来てしまったりしちゃいます。今日は草木の緑が綺麗でしたね。
小木曽街道をしばらく走っていると、前方に御神輿と山車が。今日は成木周辺はお祭りだったようです。御神輿と山車をオーバーテイクして少し走った先を左折。自転車乗りの方々のブログを散策しているとたまに出てくる東京バーディの坂へ。今日上った中では勾配はあった方ですが、距離は短いので勢いで上れます。今日は小木曽側から上りましたが、成木側から上った方がきつそうでした。

成木に出てしばらく走って安楽寺へ。よさげなお寺だったので、通るたびに気になっていたので寄ってみることにしました。本堂も立派でしたが、一番は境内にある大スギ。天に向かって伸びる姿は圧倒的です。すごいです。
安楽寺で写真を撮ったりしながら、しばし休憩。

さて安楽寺を後にして笹仁田峠(ゆるいです)経由で福生へ。羽村の堰付近から奥多摩街道を走っていると、1人のローディーに抜かれざまに挨拶されたので横を向くと、立派なガタイの黒人さんが。日本語での挨拶だったので日本人だと思ったのですが。日本語お上手です。横田基地の兵隊さんかなと思いながら引き離されないようについて行きます。ふとジャージの背中の文字を読むと、「US Air Force」の文字が。所属先、わかりやすいです。最強チームでした。
兵隊さんとは福生の駅前通りでお別れして自転車屋さんへ。再来週にせまった富士ヒルクラ前に、ガリレオ君の点検をお願いしました。ギアのワイヤーの張りを調整してもらい、しばし雑談。

自転車屋さんを後にして多摩サイ経由で秋川へ。こちらの山猫の店主さんの記事で昨年の台風で流された遊歩道が復旧したみたいなので、行ってみることに。秋川の遊歩道はサイクリングロードではないので所々に未舗装路もあります。あまりロード向きの道ではありませんが、ガレガレの道ではありませんので走れなくもないといった感じです。
復旧した部分は綺麗に舗装されていて、以前よりよくなった感じでした。今日はガリレオ君で走りましたが、この道はMTBの方が楽しいかと思います。パンクを気にしなくてすみますしね。

この後は時間もお昼になったので、やまねこ亭でご飯でもと思ったのですが、行ってみると自転車が一杯。しかたないので、初後亭でうどんを食べることにしました。初後亭では「肉汁うどん」と「苺のムース」を美味しくいただきました。

 

平均時速:22.8km 最高時速:57.9km

今日の走行距離:55.62km 総走行距離:5004.4Km

 

P1000022 写真はこちら↓

http://chevalier-de-rose.cocolog-nifty.com/photos/roadvol75/

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

宇宙の旅

最近、宇宙の旅を楽しんでいます。まあ、当然のことながら、ほんとに宇宙を旅できるわけではなく、パソコンの中でですが。

使っているソフトは「Mitaka」。国立天文台のHPで公開(フリー)されている、4次元デジタル宇宙ビューワーです。フリーソフトとはいえ、機能は十分。地表から星空を眺めるモードや、飛び立って宇宙をまわれたりまします。また、時間を戻したり進めたりもできるので、過去の星空や未来の星空を見ることができます。

たとえば、今の北極星は数百年後には北極星ではなくなります。西暦12000年頃には、アルビレオという星が今の北極星の位置にきます。さらに西暦30000年頃には昼夜が逆転しているようです。

ちょっと、重たいソフトですが楽しめます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

ROAD その74

GW最終日の今日は軽めに走ってきました。明日から仕事ですからね。遊び疲れを残さないようにしませんと。

さて、今日の目的は小津峠越えとジェラートです。小津峠は2月中旬に行こうとして、路面凍結により断念した峠です。さすがに5月ですからね、路面凍結はもうないでしょう。

まずは小津峠へ。山田大橋を渡って秋川を越え、戸沢峠を越えると圏央道八王子西ICです。八王子西ICを過ぎた先の信号を右折して小津川沿いに進みます。しばらく進むと小津町のバス停がありますので、ここを左手に行きます。最初は勾配も急ではなくこれは楽に上れるかなと思っていると、しだいに勾配が急に。う~ん、思っていたより勾配があります。でも、距離が短いので上れないことはないですがね。

P1000011 峠の両側とも10%あります。

 

 

 

 

 

小津峠を上りきり、恩方へ下ります。この下りの途中から見る恩方は素晴らしいです。今は新緑の季節ですから緑がとても綺麗です。ここから見る夕焼けも見応えありそうです(近くに「夕焼け小焼けの碑」もありますしね)。秋になったら見に来ようかと思います。

小津峠の後はジェラートを食べに百草園に向かいます。目指すは「アルティジャーノ・ジェラテリア」です。陣馬街道を進み、途中から浅川CRに入って百草園を目指します。浅川CRは多摩川CRと比べると路面はいまいちだったりしますが、なんとなく好きだったりします。なんでなんでしょう?
散歩している人やランニングしている人もいますので、のんびりと浅川CRを走り「
アルティジャーノ・ジェラテリア」に到着。早速、注文です。

P1000047 いちごミルクを選びました。

 

 

 

 

 

美味しいジェラートを堪能した後は帰路なのですが、ちょっと寄り道をすることに。府中四谷橋を渡って多摩川CRに入り立川方面へ。立川からは北上して武蔵村山に行きました。武蔵村山まで行った理由はこれ↓です。

P1000056 アイス工房ヴェルデのジェラートです。

ミルクとデコポン(シャーベット)のダブルです。

 

 

 

 

ヴェルデで再びジェラートを堪能した後、玉川上水沿いを拝島まで進み帰りました。
今日は雲一つないカラッとした天気で、なにより美味しい日でした。

 

平均時速:22.2km 最高時速:50.8km

今日の走行距離:70.96km 総走行距離:4948.4Km

 

P1000012 写真はこちら↓

http://chevalier-de-rose.cocolog-nifty.com/photos/roadvol74/

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

ROAD その73

昨日(5月4日)は天気が良かったので、碓氷峠経由の小淵沢へのサイクリングに行って来ました。朝4時起きの4時半出発だったのですが、外を見ると一面の深い霧。一瞬躊躇ってしまいましたが、群馬や長野の辺りは問題なさそうなので出発しました。

碓氷峠へは群馬県の横川からアタックするつもりなのですが、そこまで自走したら小淵沢まではとても無理。なので、横川まで輪行しました。横川までは、東福生より八高線で高崎へ出て、高崎からは信越本線で行きました。
横川へは7時半に到着。さっそく、準備に取りかかります。

P1000009 今日のガリレオ君は輪行仕様です。

 

 

 

 

 

さて、さっそく碓氷峠へのアタック開始です。碓氷峠へはR18を進みます。碓氷峠までは15~6km、高低差580mといったところでしょうか。
上り始めて感じたことは勾配はたいしたことないですが、カーブが多いこと。道路脇にはカーブの番号が書かれたプレートがあったりします。番号は100は超えてました。
この上りですが、一気に上るより景色を楽しみながら上るのが良いかなと思います。上り始めてしばらくすると、旧信越本線跡(めがね橋等)などを見ることができますし、その先は緑が綺麗でした。
だいたい、1時間ほどで碓氷峠に到着。しかし、殺風景でちょっと物足りないです。

P1000038 碓氷峠にて

 

 

 

 

 

ここからR18を西へ進むとすぐに軽井沢なのですが、今回は右手の脇道へ入って旧碓氷峠を目指すことに。せっかく来たのですからね。
この脇道ですが、路面状況は悪かったですが、R18同様、勾配は緩かったです。しばらく走って、旧碓氷峠に到着。

P1000043 峠名が書かれた碑などはありませんでした。

 

 

 

 

 

旧碓氷峠からは旧軽井沢へ下ります。旧軽井沢まではすぐですが、朝9時半前なのに人で溢れています。有名なパン屋さんなどは列ができています。パン屋さんにも惹かれましたが、かなり並んでいますので断念。その代わりこんなものを食べました。

P1000047 ミカドコーヒーのモカソフトです。

 

 

 

 

 

軽井沢のんびり散策するという手もありますが、あてうささんと佐久で待ち合わせ予定。あてうささんからは八高線で輪行中に佐久まで迎撃に来ていただけると連絡があったのです。あてうささんとの待ち合わせは佐久IC前のおぎのやに10時。モカソフトを食べたのが9時半頃。どのくらい時間がかかるのかわかりませんが、余裕はなさそうです。ダッシュで向かいます(でも、写真は撮ってました。あてうささん、すみません)。
けっきょく、10分程遅刻してしまいました。せっかく来ていただいたのに、あてうささん、申し訳ないです。

あてうささんと無事に合流でき、すぐ出発したかといいますとそんなことはなく、まずはお腹を満足させることにしました。

P1000058 おぎのやですから。

 

 

 

 

 

お腹も満足できたので、小淵沢を目指します。あてうささんより白樺湖経由か千曲川沿いのルートの2つを提案があり、こんかいは千曲川沿いのルートをチョイス。もともと私の計画では佐久からR141で小淵沢までを考えていましたので。白樺湖経由はいつか行ってみたいですね。
千曲川沿いのルートを選んだわけですが、R141ではなくその対岸の県道で小淵沢を目指します。国道より車の通りが少なく(というよりほとんど走っていません)、気持ちよく走れます・・・と言いたいところですが、天気良すぎ(贅沢な発言です)。暑いです。水分をちゃんと補給しないと脱水症状になってしまいそうです。
でもまあ、暑くはありましたが、ふだん走っている所では見ることのできない景色ばかりで、とても楽しめましたので良しですかね。

松原湖あたりでR141に合流しましたが、すぐにまた脇道へ。あてうささんより、「せっかくなので、川上村経由で。峠を越えますが、たいしたことないですよ。」とのことだったので。しかし、ちょっと(?)きつかったかな。勾配はこの日一番だったような。でも、上った甲斐はありましたね。R141を走っていたら見ることのできない景色を見ることができました。

P1000086 こんな所でのんびり過ごしてみたいです。

 

 

 

 

 

P1000095 大蔵峠にて。

 

 

 

 

 

川上村からは川上大橋を渡って野辺山へ。野辺山高原は開放感たっぷり。広々とした中を走れます。気持ちいいです。でも、ちょっとした上りも含めて、上りではあてうささんに千切られまくってました。持久力がないなぁ。
野辺山駅でちょっと小休止してお昼を食べる場所を検討(といっても2時過ぎ)。小淵沢に向かう途中にある公園で食事ができるということなので、そこに向かうことにしましたが、途中にある撮影スポット、JR最高地点を素通りするわけにはいきません。

P1000120 ここではソフトクリームを食しました。

 

 

 

 

 

しばらく走って、まきば公園に到着。ここでお昼を食べる予定だったのですが、さすがはGW。めちゃ混みです。レストランも一杯。しかたないので、小淵沢辺りで食べることに変更しました。ちなみにこの手前辺りがこの日の最高地点(1,489m)でした。

小淵沢はまでは八ヶ岳高原ラインを下ります。なかなかいい勾配なのでスピードがでます。ただ路面状況が悪い場所があったりしますので、注意が必要です。でも、とても爽快でした。
小淵沢IC近くまで走ってやっとお昼(?)。時間はすでに4時になってました。

P1000135 鴨汁そばです。

 

 

 

 

 

この後は小淵沢駅であてうささんとお別れ。八王子駅まで輪行して帰りました。

あてうささんに迎撃してもらったおかげで、楽しい道を走ることができ、とても楽しめました。あてうささん、ありがとうございました。

 

平均時速:20.8km 最高時速:57.5km

今日の走行距離:125.93km 総走行距離:4877.4Km

 

P1000118_2 写真はこちら↓

http://chevalier-de-rose.cocolog-nifty.com/photos/roadvol73/

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »