« 地デジ対応 その2 | トップページ | 京の旅 »

2009年2月22日 (日)

ルーリン彗星

いまルーリン彗星が地球に接近しています。この彗星は2007年に見つかった彗星で、次の接近は少なくとも数万年以上先になるため、今回見逃すと二度と見ることが出来ない彗星です。
過去、彗星は1997年にヘール・ボップ彗星を観たことがあります。この彗星はすごかったです。写真を取り損ねたのが、とても悔しいです。

さて2月21日前後ですと、見える方角は南東。スピカ、デネポラ、土星を基準に探すと良いみたいなので、家のベランダから頑張ってみました。
んで、結果はといいますと、見えたような見えなかったような。。。やはり、もっと光のない所にいかないとねぇ。まあ、私が見ていた星の中にいたはずなので、私が認識できなかっただけで、見て(観て)はいたのでしょう。

コンパクトデジカメですが、ちょっと撮影してみました。

P1000001 たぶん違う。

 

 

 

 

P1000002 真ん中よりちょい右上が怪しい。

 

 

 

 

P1000002_2 拡大。これだといいな。

 

 

 

 

 

ついでに撮った星。

P1000003 土星。

 

 

 

 

P1000004 シリウス。

 

 

 

 

 

こういった星空を撮りたいと思うと、望遠鏡とか一眼レフがちょっと欲しくなっちゃいます。
ちなみに国立天文台では、「ルーリン彗星見えるかな?」キャンペーンをやってます。

 

|

« 地デジ対応 その2 | トップページ | 京の旅 »

コメント

お!ルーリン彗星ですか!?僕も興味津々です。
肉眼で今ひとつでも写真では露光の具合でくっきり写ったりするんでしょうね。ただ天体写真はいろいろアイテムが必要なので敷居が高いんですよね。
赤道儀で星を追尾しながら撮らないとすぐ流れちゃいますし。

星空はやはり奥多摩辺りまで行かないと駄目かもしれませんね。

投稿: ドビンゴ | 2009年2月22日 (日) 21時27分

ドビンゴさん、こんばんは。
赤道儀が出てくるとは。お詳しいですね(私は最近知りました)。
ルーリン彗星はけっこう高い位置に見えるので、たしかに奥多摩辺りはいいかもしれませんね。これが低い位置だと奥多摩では見られませんからね。
狩場坂とか堂平山に行こうかと思ったのですが、ちょっと夜は行くのに躊躇いが・・・。

投稿: ほえ~ | 2009年2月22日 (日) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60391/28281233

この記事へのトラックバック一覧です: ルーリン彗星:

« 地デジ対応 その2 | トップページ | 京の旅 »