« 金精峠 | トップページ | ルートに関係する(BlogPet) »

2009年5月 6日 (水)

Edge705の活用法?

GW後半の昨日、今日は雨で自転車に乗れず。しかたがないので、Edge705で取得したデータを分析・・・には程遠いですが、分析の真似事をしてみました。

Edge705で取得できるデータはいろいろありますが、主なところでは、

 速度
 距離
 時間
 高度
 勾配
 ケイデンス
 心拍数

などがあります。
これらのデータは、付属ソフトである「Training Center」で見ることできますが、今回は「Sport Tracks」で見てみました。表示方法は複数ありますが、今回は速度を基本とした場合と、高度を基本とした場合で試してみました。なお、横軸はどちらも距離です。

まずは速度から。

Photo 速度に高度を載せてみました。下りでスピードが出ていることが一目瞭然です。

 

 

Photo_2 勾配を載せてみました。高度と同じような感じですね。

 

 

 

Photo_3 ケイデンスです。不思議なことに、スピードが出ている時の方がケイデンスが低いですね。笑

 

 

Photo_4 心拍数です。こちらも速度が出ている時の方が、心拍数が低いですね。

 

 

 

つづいては、高度を基本とした場合です。

Photo_5 速度を載せてみました。当然ですが、表示が最初のグラフの逆なだけです。

 

 

Photo_6 勾配です。梅ヶ谷峠と風張峠への登りで勾配がきつくなっていることがわかります。

 

 

Photo_7 ケイデンスです。下りで漕いでないことがよくわかります。

 

 

Photo_8 心拍数です。やはり登りで心拍数が上がっていますね。

 

 

 

上記の例では2つの情報しか同時に載せていませんが、3つ以上の情報を同時に載せることもできます。ただ、あまり重ねると見づらいです。

Photo_9  

 

 

 

 

速度を基本に、高度とケイデンスを載せてみました。速度とケイデンスだけではわかりづらかった、スピードが出ている理由がよくわかります。下りだったということが(自分で走ったので、わかってましたが)。

他にも心拍数をゾーンで区分けして、距離や時間に対してのその割合なんかもわかります。ちゃんと活用すれば、トレーニングを行うには重宝すると思われます。
私はログを取って、満足しちゃうような気が・・・。(>_<)

 

|

« 金精峠 | トップページ | ルートに関係する(BlogPet) »

コメント

自分もCS400のデータを有効活用してないです・・・汗
高度のデータだけ見て満足してたりします。

メリットは、数日分のデータを溜め込めることと、エクセルが必要なくなったということでしょうか。笑

GPSはカシミールでCGを作るのが楽しいですよね。

投稿: あてうさ | 2009年5月 6日 (水) 20時36分

あてうささん、こんばんは。
もう、なんといいますか、高いオモチャとなることが目に見えてきてます。
(;^_^A アセアセ…

メリットは私も同感です。管理しやすくていいですね。

カシミールは機能が豊富で面白いですよね。遊びまくってます。

投稿: ほえ~ | 2009年5月 6日 (水) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60391/29468103

この記事へのトラックバック一覧です: Edge705の活用法?:

« 金精峠 | トップページ | ルートに関係する(BlogPet) »