« MTB その35 横田友好祭 | トップページ | 99,999km達成 »

2009年8月31日 (月)

富士山 山小屋一泊ツアー

この日曜日、月曜日にかけて、富士山に登ってきました。ただ、タイトルにもあるとおり、山頂までは登れず、七合目の山小屋一泊ツアーとなりました。

今回の富士登山はご来光、お鉢巡り付のツアー(ガイド付き)。新宿を朝8時に出発。11時頃に富士スバルラインを登りきった五合目に到着しました。

Rimg0002 五合目から見た富士山。

 

 

 

 

 

五合目では高度に体を慣らす必要もあり、ちょっと早めのお昼を食べます。でも、富士スバルラインを登っている最中に、バスで車酔い。気持ち悪くて食べる気があまりしませんが、これから富士山を登っていくわけですから、とくかくお腹に詰めました。

食べ終わってしばらくしたら、いよいよ山頂目指して出発。今日の目的地は七合目にある山小屋です。
高山病と体力を必要以上に消耗しないために、ゆっくりとしたペースでの登山です。ガイドさんが山頂まで全員登頂できるようにと考えたペースです。

Rimg0004 六合目の安全センター。

 

 

 

 

Rimg0005 六合目は雲の中でした。

 

 

 

 

 

六合目で少し休憩して七合目へ向けて出発。六合目の手前から雨降ってきていたので、雨具装備での登山です。
しばらく登ると、

Rimg0012 雲を抜けました。

 

 

 

 

Rimg0017 くぅ~、太陽が眩しい♪

 

 

 

 

Rimg0018 七合目の山小屋です。今回のツアーで泊まる山小屋は七合目で一番上です。

 

 

 

 

七合目辺りから渋滞発生。登山道が岩場に変わったことが原因かな。

Rimg0025 渋滞中。

 

 

 

 

 

渋滞はしていましたが、太陽したで登れたのは気持ちよかったです(後で考えると唯一の晴れ間でした)。
山小屋目指して岩場を登っていると、

Rimg0028 ガスってきました。

 

 

 

 

 

ガスが出てきて山小屋到着時にはびしょ濡れでした。

山小屋では、寝床に荷物を置くと早くも夕食(たぶん、4時ぐらい)。食べ終わると今度は仮眠。山頂へ向けての出発は夜11時なので、それまで体を休めるための仮眠なのですが、山小屋初体験の私には無理。だって、布団一枚に2.5人ぐらいで寝るなんて。山小屋では当たり前かもしれませんが、身動き取れない状態で寝ろと言われても。まあ、眠れはしませんでしたが、体を休めることは出来ました。

寝ているわけではないので、外の音がよく聞こえます。えぇ、雨風の強い音がよく聞こえます。まじでこの雨風の中、山頂に向けて出発するのかと考えていると、現時点では登山は可能だが(まじで?)、山頂は暴風雨で、台風接近で天候の回復が見込めないこと(つうか、悪化の一方)、山頂の山小屋は開かないので避難場所がないということで、山頂へ向けてのアタックは中止に。朝まで山小屋に待機することになりました。まあ、当然といえば当然の判断かな。

で、朝まで山小屋で待機するわけですが、狭い場所に長時間のすし詰め状態。自分の寝床を守るための戦いに明け暮れていました。どうもこういった環境は私はダメです。山男にはなれないことが、よ~くわかりました。

翌朝は6時に起床して、各自で軽く食事。8時前に台風が接近してきている暴風雨の中を下山。慎重に慎重に降ります。最初から写真を撮る余裕はないだろうと思っていたので、カメラはリュックの中に仕舞ってしまったので、写真はなしです。実際は撮ろうと思えば撮れましたが。
9時半過ぎに無事に五合目に到着。ツアーメンバー全員無事に下山できて、めでたしめでたし。

とりあえず、七合目まで登った感想ですが、七合目まではきつくはないかな。疲れることもなく、登ることが出来ました。ただ、これはガイドさんのペースが良かったからだと思います。
ただ、添乗員曰く、「七合目まではウォーミングアップ。七合目からが登山の開始」とのこと。ということは、まだ富士登山の厳しさは体験していないということか。
でもまあ、台風接近の中、富士登山を行うという貴重(?)な体験を経験できたのでまあ良し・・・じゃないです。やっぱり登頂できなかったのは残念です。

 

Photo 今回の登山ルート。

 

 

 

 

|

« MTB その35 横田友好祭 | トップページ | 99,999km達成 »

コメント

どうもご無沙汰しております。
どうやら一日ちがいのニアミスだったようですね~。
土曜日の富士山五合目も大混雑でした。。
天気だけはどうにもなりませんが、頂上まで行けなくてとても残念ですね。

投稿: ニョホホ | 2009年8月31日 (月) 21時07分

ニョホホさん、お久しぶりです。
ニアミスでしたか。日曜日もスバルラインを登っているローディーがいました。
雨ぐらいは覚悟してましたが、まさか台風とは・・・。頂上に立ちたかったです。

投稿: ほえ~ | 2009年8月31日 (月) 21時41分

晴れ間が覗いた時の青空がとても綺麗ですね。
標高が高いのに加え、風が大気中の塵などを吹き飛ばすのでしょうか。

雑魚寝はある程度免疫がないと駄目ですね。僕も駄目なほうですがキャンプなんかでは狭いテント内で似たような状況になりますし、佐渡ロングライドの日のカーフェリーもそんな感じです。笑
ああいうのって早く寝た者勝ちなんですよね。

また是非挑戦してレポして下さい。

投稿: ドビンゴ | 2009年8月31日 (月) 23時37分

ドビンゴさん、こんばんは。
ほんと、晴れた時は素晴らしく綺麗な景色でした。
雑魚寝は初めてでした。山小屋では雑魚寝というのは知ってはいましたが、あそこまで詰め込むとは・・・。
私は寝つきがあまり良くないので、ああいう場所では辛いですね。
今年はもうシーズン終了なので、来年以降に一度は山頂に立ちたいと思っています。

投稿: ほえ~ | 2009年9月 1日 (火) 19時02分

ぴながりは、休憩するはずだったの。
だけど、きょうぴながりは、タイトルも仮眠するはずだった。
それでパンタロンは余裕に登山された。

投稿: BlogPetのぴながり | 2009年9月 2日 (水) 14時44分

何やら世間では富士登山がちょっとしたブームらしいですね。
山に馴れていない人にはガイド登山ツアーに参加するのが安心なのかもしれませんが、台風が接近しているにもかかわらず7合目までにしても登ってしまうようなガイドツアーには安全や安心を感じられません。
そもそも日曜日の朝の時点で、この気象状況と日程で富士山に登るのは無理、危険と判断できたのではないでしょうか。

とにもかくにもご無事で何よりでした。次の機会を目指すのなら、少し登山を勉強してみて自分の判断で登ってみた方が安全で安心な事もあるかもしれません。

投稿: 山猫の店主 | 2009年9月 3日 (木) 22時49分

山猫の店主さん、こんばんは。
まったくもって、仰るとおりだと思います。プロの判断に任せておけば大丈夫だろうと思ったのが、間違いだったのかもしれません。自分の判断でキャンセルという方法もあったわけですから。
7合目まで登ったのは、以下の理由があったのではないかと、勝手に思っています。

帰りのバスの手配。乗ってきたバスは、前日のツアーの人がのって帰るので、利用できない。

5合目で待機する場所がない。7合目まで行けば、待機場所は確保できる。

山の天気は変わりやすいと言いますし、多少の雨風では登るというのはわかるのですが、台風が上陸するかもしれない状況だったわけですから、多少の雨風ではないと思います。

次に登るとしたら、ツアーには参加せずに登ってみようかと思ってます。もう少し、登山の経験を積んでからですが。さいわい、少し行けば、登山の経験を積める場所もあるわけですから、自転車を楽しみつつ、たまには登山(ハイキング?)をしていこうかと思ってます。

投稿: ほえ~ | 2009年9月 4日 (金) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60391/31181392

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山 山小屋一泊ツアー:

« MTB その35 横田友好祭 | トップページ | 99,999km達成 »